PROJECT STORY1 プロジェクトストーリー1

フードデリバリーA社 広告代理店の枠を越えて、FC展開にまで参入

「攻めの姿勢でしか得られないこと」

CHAPTER1

店長の業務過多!店舗売上低迷の危機!?それは煩雑すぎる折込業務でした。
今や全国に350店舗を構えるフードデリバリーの大手・A社だが、ここまで規模が大きくなったのはここ数年のことだ。短期間でここまで店舗を拡大できた理由はどこにあるのだろか。何よりも“おいしい”ことが支持されたことは言うまでもないが、A社の驚異的な飛躍には、徹底した業務の効率化が一役買ったといっても過言ではないだろう。フードデリバリーにとって、一番の広告ツールは折込チラシだ。店舗のある地域の天候やイベント情報などを分析し、より効果的な配布日や部数を弾き出す。しかし経験値というパーソナルスキルが頼りで明快な判断基準に欠けていた。重要なツールでありながらも、相当な労力を強いられる折込広告の発注作業に各店舗から悲鳴が上がっていた。

救世主と崇められる店長の頭脳システムを開発!!
東通メディアでは、折込広告の部数を管理するシステム『おりこメール』が開発されていた。この『おりこメール』がベースとなり、新システム『おりこメールクラウド』の開発に至るのだが、当時は『おりこメール』を武器に目下躍進中だった。営業担当・河部は自信を持って『おりこメール』の導入を提案した。すると各店舗から直接、折込広告を発注できるシステムを開発できないかとA社の吉田氏に打診されたのだ。そうして導入されたのが、折込発注システム『ゴルゴンゾーラ』だ。基本のシステムをベースに、使用する各社に合わせて徹底的にカスタマイズしていくのが『ゴルゴンゾーラ』の真骨頂。システム部の三浦はA社を何度も訪れ、改良を重ね続けた。

CHAPTER 2 へ

  • プロジェクトストーリー
  • プロジェクトストーリー1
  • プロジェクトストーリー2
  • プロジェクトストーリー3
  • その他のサービス
  • 通販フルフィルメント広告
  • 通販マーケッター
  • クリエイティブワーク
  • コールセンター
  • 環境事業
  • FC店舗運営
  • レスポンス研究所
  • おりこメール
  • 空間除菌 ブロッカー

ページトップへ戻る